CIAの正体と危険性について

画像


お世話になります。
今回は表記、CIAについてです。
CIAと聞くと、映画やテレビで言われてきた、ヒーローが集う、強く頼もしい正義の味方のようなイメージが思い浮かびます。
これらのイメージはメディアで言われた情報のみで、
本当の組織はどんなものか分からないのが一般的です。

ウィキペディアでは形式的な説明がありますが、
以下のCNNでの内容が真実を如実に表していると考えます。

拷問で尋問することが日常茶飯事で、拷問による殺害もたくさんあると書かれています。
敵対する者に対して、あるいは容疑者というだけで犯罪が確定していない者に対して、
拷問して殺害することを行う組織。これはマフィアや極悪なヤクザと変わりません。(ヤクザでもここまでやる者は少ないのでは)
このような組織が大統領直属である事実。
アメリカ国家自体が正義の国家なのかとさえ疑い生じます。
まずは、今までのわれわれがCIAに対して持っていたイメージを見つめ直す必要があると思いました。
目的を達成するためには、手段を選ばない組織だということをお考え頂きたいです。
そして、そのCIAと日本の警察が協力関係にある危険性を知って頂きたい。
日本の警察に悪い影響力を与える余地がある現実です。
映画にしか登場しない組織でなく、身近にいることも認識致しましょう。

何卒よろしくお願い致します。


■CIA (wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%B1%80
中央情報局(ちゅうおうじょうほうきょく、英:Central Intelligence Agency、略称:CIA)は、
対外諜報活動を行うアメリカ合衆国の情報機関である。
中央情報局長官によって統括され、アメリカ合衆国大統領直属の監督下にある。
職員数 - 約20,000人(はっきりした数字は定まらない。)


■CIA (CNN_NEWS)
http://www.cnn.co.jp/usa/35057693.html

ワシントン(CNN) 米上院情報特別委員会は9日、米中央情報局(CIA)が2001年の同時多発テロ以降、ブッシュ前政権下でテロ容疑者らに過酷な尋問を行っていた問題についての報告書を公表した。報告書は拷問が横行していたことを指摘し、その実態を明かしたうえで、CIAが主張してきた成果を否定している。
同委員会は「強化尋問」と呼ばれた手法を検証するため、5年間かけて630万ページ以上に及ぶCIA文書を分析し、約6000ページの報告書をまとめた。今回公表されたのは、その内容を要約した525ページの文書。この中で明かされた事実や結論のうち、重要なポイント8点を整理する。

1.「強化尋問」には拷問が含まれていた
同委員会のダイアン・ファインスタイン委員長は報告書の中で、CIAに拘束されたテロ容疑者らが02年以降、強化尋問と称する「拷問」を受けていたことが確認されたと述べ、その手法は「残酷、非人間的、屈辱的」だったと指摘。こうした事実は「議論の余地のない、圧倒的な証拠」によって裏付けられたとの見方を示した。
ベトナム戦争で拷問された経験を持つマケイン上院議員も9日の議会で、報告書の内容は拷問に相当すると言明した。
CIAは厳しい尋問手法が「命を救った」と主張してきたが、報告書はこれを真っ向から否定している。
2.拷問はあまり効果がなかった
「CIAの強化尋問は正確な情報を入手するうえで有効ではなかった」と報告書は指摘する。
CIAは強化尋問が効果を挙げたとする20件の例を掲げているが、報告書はそれぞれの例について「根本的な誤り」が見つかったと主張。こうした手法で得られた虚偽の供述をたどった結果、テロ捜査が行き詰まることもあった。CIAが拷問などによって入手した情報は容疑者らの作り話か、すでに他方面から入っていた内容ばかりだったという。
これに対してCIAは9日、当時入手した情報は「敵への戦略的、戦術的な理解」を深めるのに役立ち、現在に至るまでテロ対策に活用されていると反論した。
3.ビンラディン容疑者の発見は拷問の成果ではない
国際テロ組織アルカイダの指導者オサマ・ビンラディン容疑者を捕らえた作戦に、強制的な手法は不可欠だったというのがCIAの主張だ。
これに対して報告書は、同容疑者の発見につながった最も正確な手掛かりは、04年にイラクで拘束されたハッサン・グルという人物が拷問を受ける前の段階で明かしていたと指摘。拷問がなくても必要な情報は得られたとの見方を示す。
4.拷問の末、低体温症で死亡したとみられる拘束者もいた
CIAは拘束者らを消耗させるために、眠らせないという手法を取った。最長180時間も立たせたまま、あるいは手を頭の上で縛るなど無理な姿勢を維持させて睡眠を妨害した。



◎日本国内で身近にいるCIAについて

■CIAが警察を動かし、最高裁で有罪にできる日本の司法の仕組み。
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-375.html

■CIAと日本の外交官が繁華街で“合同訓練”
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/327110/

■日本にいるCIAエージェントの方たちは、具体的にどういう活動をしているのですか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1259645667

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

777
2015年11月24日 13:53

阿修羅管理人悪印象刷り込み君は放射能工作員だった。同じ管理人悪印象刷り込み君は放射能工作員だった。同じIDで工作員コメント多数。印象操作で掲示板破壊工作
http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/414.html
投稿者 管理人さん 日時 2015 年 11 月 24 日 13:29:26: Master
   
777
2015年11月25日 12:36
おおたこうじ=佐伯まお=シノブ は電通系の工作員だよ
いい加減な陰謀論を書きまくって阿修羅の信用を落とそうと画策してるんだ

阿修羅は反原発勢力の情報元だから、体制側としてはどうしても阿修羅を貶める必要がある

それで電通工作員に阿修羅で撹乱工作をさせているんだ
佐伯まお
2015年11月25日 23:39
可哀想ですね。
阿修羅掲示板がCIAに関与の疑いがでて以降、阿修羅掲示板がおかしくなってきました。
関与が明らかだと思われます。
777
2015年11月26日 09:32
おおたこうじ=佐伯まお=シノブ に疑問点や論拠を何度聞いても一度も回答した事はない
今度の阿修羅管理人の指摘に対しても何一つ反論していない

これが電通工作員の行動様式なんだ
佐伯まお
2015年11月26日 22:09
管理人さんの指摘とは、どんな指摘?
777
2015年12月02日 12:47
阿修羅は反原発の砦だから電通が必死で潰そうとしているんだ

それでおまいみたいなバイト工作員にデタラメな陰謀論を書きまくらせて阿修羅の信用を落とそうと画策したんだな
佐伯まお
2015年12月02日 16:27
僕はそんなバイトせずとも十分生活できるさ。
あんたのような阿修羅工作員とは違う。
創価系の工作員。創価=統一=CIAというわけだね。

この記事へのトラックバック