鬼塚英昭氏の逝去について

画像

(「日本の真相1 明治天皇すりかえ」より)
https://www.youtube.com/watch?v=igJ12gwRtvQ

お世話になっております。
今回は表記、鬼塚英昭氏についてです。
動画で鬼塚氏の言説を聞かせて頂いておりました。
貴重な内容でその多くが真実だと思っておりました。
しかし自分としては、言われる内容の裏づけが少ないと感じていました。

もう一人、佐宗邦皇氏がおりまして、
この方も明治天皇がすり替わった説や明治維新の裏について主張されており、
鬼塚氏の主張される内容と一致していました。

全く違う二人の主張が一致することが証拠でもあると言えるし、
それぞれ写真等を用いた証拠についても複数述べられております。

佐宗氏は講演会で倒れられてそのまま急逝されました。
59歳で亡くなられ、謀殺の疑いが言われています。

鬼塚氏は今年1月25日に亡くなられたそうです。78歳でした。
年齢からも自然死の可能性は十分ありますが、
日本の裏側を探ろうとする方々は謀殺される恐れがあります。
また、1月25日に亡くなったのに、私は3月になって知りました。
作家として著名な方であるのに、
亡くなった事実が伏せられていたのではないかと思います。
不自然な点がある場合は、謀殺された可能性があります。

謀殺されたならば、なぜなのか?
主張される言説が真実であるからです。
(謀殺されたことが裏づけになります)

鬼塚氏の逝去を知り、私は鬼塚氏が主張されていた内容が真実であるかを自分なりに
調べてみようと思いました。

まず時代を遡ると、明治維新が起こる前になります。
鬼塚氏は佐宗氏もそうでしたが、明治天皇が謀殺されて入れ替わったと主張されておりました。

画像

(「明治維新の真実  佐宗邦皇」より)
https://www.youtube.com/watch?v=Lv_xSpx1lxQ

画像

(天皇の系譜)

父親の孝明天皇を謀殺し、次の天皇になるべき睦仁親王をも殺害し、
代わりにすり替えたとの主張です。

画像

(明治維新の要人たち)

この写真の中央下40番の「大室寅之助」がのちの明治天皇だと言われております。
天皇になる睦仁親王がこれらの面々に混じって写真を撮影することはありえないため、
偽天皇であるとの主張です。
武士の面々と皇族の親王が同格のように写真に写ることはないでしょう。
当時は今よりもっと身分差別が強い時代です。

画像

(明治天皇)

画像

(大室寅之助と明治天皇)

大室寅之助と明治天皇の写真ですが、
両者は良く似ています。
同一人物の可能性は高いと考えます。

以降で明治天皇のすり替え説について、もう少し詳しく調べてみたいと思います。

鬼塚英昭氏のご冥福をお祈りいたします。
また、佐宗邦皇氏のご冥福をお祈りいたします。
お二人とも動画でしかお会いできなかったことが残念です。


以上よろしくお願い致します。

この記事へのコメント

佐伯まおウオッチャー
2016年03月19日 06:53
ネタが古いですなあwww

明治天皇すり替え説なんて、主張していたオカルト雑誌ですら「間違いだった」と全面敗北宣言を掲載しているお粗末な代物です。
フルベッキ写真が「幕末オールスターズ」ではなく、佐賀の藩校「致遠館」の集合写真である事など、とっくの昔に証明済みですし、フルベッキ写真に写っている、「明治天皇であるとされる人物」と、実際の明治天皇が別人であることもすでに証明済みです。

「怖い噂(旧・不思議ナックルズ)」は、トンデモ陰謀論とオカルト懐疑論者の意見を両方掲載している、バランスの取れた、いい雑誌でしたよ。廃刊が惜しまれます。

ミリオン出版はいまさらになって後悔したのか、別編集部を立ち上げて類似誌を発行していますが、全然ダメですね。
佐伯まお
2016年03月19日 10:21
たびたびありがとうございます。
致遠館について調べてみます。
確かにあの写真1枚だけでは、どこの誰の写真とも分かりません。
主張する方が言い張る点が強くなるのも事実です。
歴史の大家が言い張れば、歴史の教科書が変わってきたのが現実です。
私なりに調べてみます。
目覚めの途中
2016年06月13日 22:45
明治天皇大室は落合莞爾のシリーズで広がってきているので、「理研の闇」が直接の原因ではと思います。何せ戦前から、最近ではスタップ細胞(飯山一郎の当時のブログに詳細)でも、問題の多い会社ですから。因みにこの細胞は再現可能で、医療革命になるのでつぶされた(山中教授のisp細胞なんて問題じゃない)、と飯山氏(この溶液を最初に作ったとか)は述べています。
落合氏がこのシリーズを始めたきっかけは、伊藤の子孫が「我が先祖が孝明天皇を亡き者にしたと言う噂で困っている。真相を調べて」だと書いています。
明治維新は、長州の大内氏(百済貴人)を頼ってきた朝鮮移民たちが、下級武士にもなれない(著書を読んで下さい)卒族の身分のまま、耶蘇教の企てに乗り、分離独立(朝鮮の分国)を起こさないよう、士族に取り立てるために計画された、と。ところが薩長に独占され、更に山縣が国際金融連合に乗せられて長州1人勝ちとなり、維新は当初とは違う方向に行ったと。李承晩は山口に亡命政権を計画していたとも書いています。
佐伯まお
2016年06月13日 23:36
目覚めの途中さま、
コメントありがとうございます。
ご意見について良く考えてみます。
またご連絡ください。
日本が間接支配されていて、国民が危険な状態にもかかわらず、偽の指導者たちが見て見ぬふりをしている現状だと思います。
なんとか良い方向にしていきたいものです。

今後ともよろしくお願い致します。
通りすがり
2016年07月10日 05:51
三宅洋平氏が当選しますかね?
佐伯まお
2016年08月03日 21:48
通りすがりさま、今気づきました。
コメント頂いたのにすみませんでした。

落選しましたが、どこかで復活させるかもしれません。
三宅洋平氏は裏社会の駒だと思います。
山本太郎と同じです。
不正選挙追及者たちを集めるための駒。
また余計な手出しをさせないようにする駒。
なかなか良い動きをするでしょうが、決定的なことはしません。
そのための役者ですから。



この記事へのトラックバック