【裏社会】京都小学生殺害事件(てるくはのる)_捏造された事件

画像

(この被害者も裏社会の犠牲にされた可能性が高いです)

画像

(容疑者は自殺したことになっていますが...)

画像

(黒木昭雄氏は捏造された事件だと言っておりました)


お世話になっております。
秋らしい気温にいきなり変わった感じです。

今回は表記事件についてです。
この事件も附属池田小事件と同様に小学生が犠牲になりました。
この犠牲者も裏社会が作った疑惑があります。
目的は同様に、児童のセキュリティに関心を向けさせるためだと考えます。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E7%94%9F%E6%AE%BA%E5%AE%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6

京都小学生殺害事件(きょうとしょうがくせいさつがいじけん)とは、1999年(平成11年)に京都府京都市伏見区で起きた殺人事件である。犯行声明に書かれた単語から、「てるくはのる事件」、あるいは「日野小学校児童殺人事件」ともいう。

概要[編集]
1999年(平成11年)12月21日午後2時頃、京都市伏見区の京都市立日野小学校校庭で遊んでいた同校2年生の児童が、覆面をした若い男性(当初、小学校高学年から中学生と見られた)にナイフで刺殺され、犯人は自転車で逃走した。犯行現場には、凶器となったナイフや金槌など数点の物品の他、犯行声明と見られる手書き文書のコピー6枚が遺留されていた。その文書には、自分が小学校を攻撃することや小学校に恨みがあること、自分を探すなという要求を記した上で署名のように「私を識別する記号 てるくはのる」と書かれていた。
この「てるくはのる」という単語に、深い意味があるのではと考えたマスコミや一般の人々は、様々にその謎を解説し、犯人像に結びつけようと試みた。
京都府警による捜査の結果、犯行2日前に現場から4キロメートルほど離れた京都府宇治市内のホームセンターで、遺留品と同じナイフなどを買った若い男性が浮上した。そして、ホームセンターの防犯ビデオに写っていた男性と風貌が似ており、かねて学校教育に不満を抱いていたとみられる、同区内に住む21歳の浪人生男性を犯人と断定した。
翌2000年(平成12年)2月5日午前7時、京都府警山科署は、浪人生男性宅を訪ね警察署への任意同行を求めた。捜査員に対し、男性は署への同行を拒んでいたが、母親の説得により午前8時20分頃、自宅近くの公園で捜査員と話をすることには応じた。捜査員は、公園でも署へ同行するよう男性の説得を続けていた。
しかし男性は同行を拒み続け、午前11時50分頃に捜査員の隙を見て逃走。男性は向島ニュータウンのマンションに逃げ込み、屋上に上がって鍵をかけた。警察は午後0時30分頃に男性を発見したものの、屋上の鍵を開けることに手間取ってしまう。午後0時40分頃、男性はマンションの屋上から飛び降りて自殺。京都地方裁判所が逮捕状を発付したのは、自殺したわずか5分後だった。
捜査員が男性宅からの押収品を分析したところ、「名言名句416ページ」と書かれたメモが発見された。同室の本棚にあった名言集の416ページには、「か行」索引があり、その文言の末尾の文字を1つずつ拾うと「てるくはのる」となった。そのため、「てるくはのる」には特に深い意味は無いと断定された。その後、京都地方検察庁はこの男性について、被疑者死亡のため結局不起訴処分とした。
小学校校庭で起きたこの小学生殺人事件は、日本の国民に大きな衝撃を与えた。また、任意同行を求めた被疑者の逃走を許し、自殺されてしまうという警察の失態は、国民の批判を浴びることとなった。【転載おわり】


画像

(自殺したとされた「岡村浩昌」容疑者)


この事件で殺された小学生の殺害状況がまた凄惨だったようです。
何度も包丁でメッタ刺しにして殺害しています。
このような関係ない児童を残酷に殺害できる人間は、堅気ではないと思います。
容疑者とされた岡村氏は浪人中の21歳で堅気の方でした。
残忍な殺害方法から推測する人物像と、大きな落差を感じます。
犯行の理由は小学校を憎んでいたと、現場に残したメモに書かれていますが、
小学校に通う児童を殺す理由になるのかと疑問です。


http://homepage1.nifty.com/okonomigaki/200012/a5.html

中村さんの長男・俊希くん(当時7才)は昨年12月21日、母校の日野小学校(京都市伏見区)の校庭で放課後遊んでいるところを、目出し帽をかぶった男に包丁でメッタ切りにされ、出血多量のため死亡した。

 男は俊希くんを殺害した後、校庭に犯行声明をばらまく大胆さ。そこに書かれてあった「私を識別する記号―てるくはのる」という謎めいた言葉。神戸の小学生殺人事件を彷彿とさせる事件だった。

 当初、目撃証言から少年による犯行と思われたが、容疑者は成人男性だったことが判明する。この男の名は岡村浩昌。当時、21歳の浪人生だったが、彼を犯人と断定した京都府警が任意同行を求めたところ、捜査員の一瞬のスキをついて逃走。挙げ句の果て、追いつめられた岡村はマンション屋上から飛び降り自殺した。 結局、被疑者が死亡したことで京都地検は不起訴処分としている。

 息子を失ったばかりか、事件の真相を知る術まで失ってしまった中村さんは、「遺族が知る権利をないがしろにしている」と憤慨する。【転載おわり】



警察は21歳の岡村浩昌氏を容疑者として浮上させました。
任意同行を拒み、付近の公園での聴取に応じたそうです。
ここで大失態として、容疑者に逃走された設定ですが、
公園で問い詰めれば、逃げてしまうかもしれないことは誰でも事前に分かります。
複数人で聴取していたので、逃げないようにすることはできるはずです。

ここで逃走された大失態は、そういう設定にしたと考えます。
逃げたのは、罪を認めたからだと伝わります。
その後、マンションの屋上から自殺したことになっております。
浪人生1人が走って逃げて、聴取していた刑事たちは捕まえられなかったのでしょうか?
これも作り話だからではないかと思います。

つぎに上記3件目画像で、黒木昭雄氏のメール画像に書かれていましたが、
容疑者を説得している様子の写真が新聞で掲載されていたそうです。
事前にマスコミが現場にいたようですが、
マスコミが現場に既に居たことは、警察やマスコミなどの裏社会がグルで仕組んだ事件の疑いが出ます。
まだ容疑者の一人に過ぎない段階で、マスコミが犯人だと確定して現場にいないはずです。
いずれ自殺する予定だと分かっているから現場に居たのではないでしょうか?

この事象は、秋葉原無差別殺人事件でも同様でした。

http://19730619.at.webry.info/201605/article_15.html
【裏組織】秋葉原通り魔事件_当時の新聞


通常ありえない小学生をいきなり残酷に殺害した事件で、
容疑者を聴取中に逃走させてしまった、ありえない事実。
その後、自殺されて真相は闇の中に消えてしまった事件でした。
ありえないことが何度も続くのは、ありえないのです。
作り話しだから有り得た事件なのです。


目的は、私の推測ですが、
児童のセキュリティに目を向けさせることだと考えます。
附属池田小と同様に、セキュリティ業界を作るためです。
政府予算に計上させて、年間何千億と計上できれば、
そこで裏社会が生息する土壌ができます。
悪人の手下を業界の幹部に置き、高給で養えます。
資金があればさらに末端の手下を飼い慣らすことができます。

裏社会が表社会に見えないように暗躍するには、
このような寄生する場所が不可欠だと考えます。
税金から資金を引き出すためには、大義名分が必要です。
そのために事件を捏造して、罪無き一般人を殺害したり、罪を被せたりするのです。


この事件は結果として、真相は闇の中で、
私の仮定通りだとすれば、裏社会にとって大成功だったと言えます。
そんな都合の良い結果が、ありえない事実が連続した結果起きたわけです。

この事件も冤罪事件だと確信します。

以上よろしくお願い致します。


画像

(ということは、9割以上冤罪事件だということです)


■関係リンク先

http://blogs.yahoo.co.jp/kuroki_aki/10142728.html
大失態はそこから始まった


http://www.asyura2.com/sora/bd5/msg/719.html
テレビ取材記者の秘密手帳 京都小2殺害事件の疑問符(問題実話)


http://www.asyura2.com/sora/bd5/msg/722.html
Re: テレビ取材記者の秘密手帳 京都小2殺害事件の疑問符(問題実話)


http://www.asyura2.com/sora/bd5/msg/433.html
飛び降りた場所は屋上 児童殺害事件の岡村容疑者 (京都新聞)

この記事へのコメント

YM
2017年01月28日 23:26
非常に不可解な事件です。事件の目的がセキュリティ業界の陰謀であったとしても何故岡村氏が冤罪の生贄に選ばれたのでしょうか。
2017年02月13日 00:53
YM様、コメントありがとうございます。
今気づきました。

冤罪に仕立てやすい人物を選定した結果だと考えます。
残念ながら、警察も裏社会の影響を強く受けている組織です。
私の従弟は警官で、私の会社には天下りがたくさんいます。
しかし皆さん良い方ばかりです。

上層部が常に悪者にされてしまうと思っております。
正義の方が昇進しても、口封じにされたりして、
排除されてしまう仕組み。だから自殺者が多い。
(本当は消されている。)
警察は組合もなく、上下関係が厳しい組織のため、
本来の機能が発揮できない状態です。

岡村さんは冤罪を考えた筋書きに、たまたま近い方だったのでしょう。
誰でも冤罪を着せられる可能性がある現在の日本です。
この事実を1億国民で認識したいです。

またよろしくお願い致します。
はかこ
2017年08月12日 03:39
殺人の動機というものは常人にはわかりません。これこれこうだから殺す理由になる、という定型されたものはありません。
冤罪だの裏社会だの、馬鹿馬鹿しい。
はかこ
2017年08月12日 03:46
このブログ、カタギだのまるで暴力団のニュースをみてそれに惹かれる陰気な中学生が書いたような薄っぺらい内容ですよね。
千馬愛加
2017年08月12日 03:54
常人でないからこんな塵紙同然のブログが書けるんですよ。
はかこ
2017年08月12日 04:00
ですね、せっかくなので目を覚まさせてあげようかと思いましたけど、関わるのはやめておきます。
まあ、塵紙同然かは知りませんが。
あと、何でもかんでも「よろしくお願いします」と文末につけるのはよしましょう。
脈絡もなくいきなり言われても、なんのこっちゃ??となりますから。
111
2018年04月12日 11:20
結果論

この記事へのトラックバック