【米裏社会】中川昭一大臣_仕組まれた酩酊会見

画像

(有名な酩酊会見は仕組まれた罠でした)

画像

(このような状態で周囲はなぜ止めなかったのでしょうか?)

画像

(篠原尚之:一緒に同席していたものもほぼ同罪です)

画像

(白川方明総裁:なぜ止めなかった?自分だけ関係ないことにはならないと分からない?)

画像

(会見前の打ち合わせ時、同席していた「玉木林太郎」。酒に薬を混入させた疑いがあります)

画像

(日本のマスコミは中川大臣を大きく叩きました。同席者については庇いつつ。)

画像

(越前谷知子:同じく事前の打ち合わせ時に同席していた記者。薬入りの酒を飲ませた疑いがある一人です)


お世話になっております。
今回は表記、中川昭一元大臣についてです。
中川元大臣は7年前の10月3日に亡くなりました。
そろそろ7年目を迎えることになります。
この方の大失態、世界に発信された「酩酊会見」は有名です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B7%9D%E6%98%AD%E4%B8%80
中川 昭一(なかがわ しょういち、1953年(昭和28年)7月19日 ‐ 2009年(平成21年)10月3日[1])は、日本の政治家。自由民主党衆議院議員。位階勲章は正三位旭日大綬章。称号(学位)は法学士(東京大学)。

朦朧記者会見
2009年(平成21年)2月14日、G7の財務大臣・中央銀行総裁会議が、イタリア・ローマで開催された。同会議終了後、日本銀行総裁・白川方明と財務官・篠原尚之との共同記者会見に臨んだ中川だったが、その発言は呂律が回っておらず、あくびをし、表情は目が虚ろという状態であった。さらに中川は、言い間違いをする、質問した記者が見つけられずに「どこだ!」と叫ぶ、「共同宣言みたいなものが出ました」などと不明瞭な発言をするなどの異状を呈したことから、健康不安や酩酊などが疑われることになった[67]。マスメディアはこれを、「深酒居眠り会見」[68]などと報じた。【転載おわり】



私は確かに酷い有様だと当時、思いましたが、
周りはなぜ止めなかったのかと疑問でした。
急遽体調不良になった、など口実はなんとでも用意できます。

一緒に会見した同席者は様子が異常だと分かっていたのに、
会見に臨んで失態を晒した責任は大いにあります。
この責任は触れぬまま、報道メディアは一斉に中川元大臣を叩きました。

このことだけでも、中川元大臣を狙った策略の可能性があります。
日本の恥を晒すのですから、絶対に止めるべきです。
有識者の日本の代表であり、中川大臣の側近であれば止める義務があります。
理由づけなど、なんとでもなります。口実など今までさんざん行使してきた側近たちですから。
会見を止めずに日本の恥をさらしたのです。わざとやったのです!
この会見により、中川元大臣は政治家として抹殺されたと言っても過言ではないと思います。

メディアも個人攻撃のみを行ったことは、メディアもグルだったということです。

ネットですでに色々な情報が飛び交っておりますが、
会見前の打ち合わせ時に、ワインに薬物を飲ませた疑いが濃厚だと言われております。

同席していた、読売新聞の越前谷知子は、この事件後アメリカに逃げたと言われています。
誰が首謀者か分かってしまう行動でした。

画像

(事件後、越前谷知子は読売HPから削除されているようです。犯行に関係しているからでしょう。)

http://wajuntei.dtiblog.com/?i&no=1431
ワインに薬を入れた故中川昭一金融大臣抹殺の実行犯


中川元大臣は、ロシアと協力して石油などエネルギー開発を推進しようとしていました。
また、アメリカ国債を購入することを渋っていたようです。


http://www.yamamotomasaki.com/archives/228
◎2009年2月のG7蔵相会議でもわかるように、金融政策においてIMF主導による 基軸通貨や米国債購入に対し否定的である。

◎ロシアとのエネルギー開発関連で積極派である。【一部抜粋】



ということで、アメリカからすれば邪魔な存在でした。
ちょうど良く失脚したのでしょうか?
邪魔な存在を排除すべく、日本において影響力を行使した結果です。
よって、日本で影響力を行使できるのです。
日本政府がアメリカの傀儡である裏付けの一つです。

画像

(2009年10月3日急死されました。疑惑の怪死です。)


次にアメリカが日本政府に影響力を行使できる状況証拠についてです。
自民党の二大派閥の政策がアメリカ寄りか否かで政治家の末路に違いが大きく出ています。
アメリカは日本の政治を操作している現実を皆様と認識したいと思います。

■自民党の二大派閥、清和会と経世会に属した重鎮たちについて

清和会はアメリカ従属派で、経世会は中国や日本の隣国と友好的に外交しようとする会派です。
この会派に属した重鎮の結末を見て、アメリカが日本に影響力を行使できる状態だと良く分かります。
以下コメントを転載致します。


http://www.asyura2.com/09/nihon29/msg/547.html#c289
289. けろりん 2015年1月05日 06:13:22 : xfW5FN1G6ouU2 : pUn8Qsa3JU
一般常識としての、政局・国益歴史問題だ・・・

『 清和会に対立した経世会の末路 』

(田中派)田中角栄 逮捕 ロッキード事件 (←東京地検特捜部)
(経世会)竹下登  失脚 リクルート事件 (←東京地検特捜部)
(経世会)金丸信  失脚逮捕 佐川急便献金・脱税 (←東京地検特捜部&国税)
(経世会)中村喜四郎 逮捕   ゼネコン汚職 (←東京地検特捜部)
(経世会)小渕恵三 (急死)(←ミステリー)
(経世会)鈴木宗男 逮捕 斡旋収賄 (←東京地検特捜部)
(経世会)橋本龍太郎 議員辞職 日歯連贈賄事件 (←東京地検特捜部)
(経世会)小沢一郎  西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)
(経世会)二階俊博  西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)


(清和会)岸信介    安泰
(清和会)福田赳夫   安泰
(清和会)安倍晋太郎  安泰
(清和会)森 喜朗    安泰
(清和会)三塚 博   安泰
(清和会)塩川正十郎  安泰
(清和会)小泉純一郎  安泰
(清和会)尾身幸次   安泰


対米従属派である清和会の政治家と違い、国益を重視して米国と一線を画して近隣アジア諸国などと独自の繋がりを模索しようとした経世会の政治家は、悉く失脚もしくは殺害の末路を迎えている。中川昭一の父親である中川一郎氏も、日本の近隣大国であるロシアからの、「 米国石油メジャーとは別口ルートでの 」原油輸入を画策し、入浴中、絞殺される。

2000年12月・・・世田谷事件
2001年 4月・・・自民党/総裁選・小泉誕生


[12削除理由]:管理人:言葉使いに問題があるコメントが多数なので全コメント削除





http://www.asyura2.com/09/nihon29/msg/547.html#c290
290. けろりん 2015年1月05日 06:25:23 : xfW5FN1G6ouU2 : pUn8Qsa3JU

東京地検特捜部 = 戦前・戦中の特高警察と同じ役割りだ。


[12削除理由]:管理人:言葉使いに問題があるコメントが多数なので全コメント削除




■関係リンク先

http://www.asyura2.com/10/hihyo11/msg/356.html
読売新聞経済部の越前谷知子「面白い会見になるわよ」豪の気ままな日記(6大マスゴミは、米国のパシリだらけのようです)

http://wajuntei.dtiblog.com/?i&no=1431
ワインに薬を入れた故中川昭一金融大臣抹殺の実行犯

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1251272562
中川昭一元議員は暗殺されたんですか?

http://www.asyura2.com/09/senkyo70/msg/368.html
実は中川昭一は愛国者だった。だからアメリカの計略で失脚させられた!!




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 113

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

噂タク
2016年09月24日 06:43
中川さんが飲まされたのは、田中角栄さん、小渕さん、麻原しょーk-らも同じクスリではないでしょうか。言葉が突然止まってしまう症状。
あとこの工作員の女は二年くらい前に見かけました。銀座の高そうな料理屋に入るのを。すでに日本に居ますよ。

今日は軽井沢の美味しい空気吸って、楽しい講演会参加してきます。
名古屋の皆さんもおいでませ~♪
佐伯まお
2016年09月24日 07:24
おはようございます。
講演会行ってらっしゃいませ。

私は残念ですが、横須賀市の現場調査で仕事です。

しかし実物を見たのは凄いです。
普段からの行動力の高さを感じます。
日本に戻っているとは。
越前谷以外でも関わった奴らを追い詰めたいものです。
aki上級大将
2016年09月25日 13:51
今の日本モドキの東朝鮮では精神科医・臨床心理士、B層、ネトウヨに加えて脱原発派や
リチャードコシミズのような陰謀論者、反精神医学のやつらまでまで
被害妄想型統合失調症患者を朝鮮人呼ばわりしてヘイトするんや
反精神医学のやつらは『薬が異常人格を生みだす』ブログ管理人や
精神医学薬害連絡会のアリスパパ中川聡やCCHRのきちがい医こと内海聡もそうだ。
やつ等は精神科医と同じで、うつ病患者や発達障害者には優しいが、統合失調症患者には
排除感むき出しにするんや
そしてハンセン病患者のように社会から隔離し、断種して排除してもいいと主張している。
やつらも敵視している精神科医どもと同じナチスユダヤ野郎や。
うちも脳と遺伝子に欠落を抱え、いじめにあい、被害妄想型統合失調症という化け物にして
社会と人間の落ちこぼれや。
りあるでも女をはじめ、多くの人間から汚い目で見られ、馬鹿にされているんや。
ネットでは「薬飲まないと狂うよ」とか「エスパー」=化け物とか「隔離して断種するか
ガス室送りや」などとヘイトスピーチを受けている。
だからうちは人権擁護法案に賛成、施行し、言論と表現の自由を剥奪するべきやと思うんや
ナチスレイシスト野郎にして去勢されたゴイム(人畜)どもには自由を持たせたらあかへんよ。
そして統合失調症自体語ることが統合失調症患者への差別、ヘイトスピーチや
日本モドキの東朝鮮から自由を剥奪せよ。
佐伯まお
2016年09月25日 14:11
akiさん、久しぶりです。
リチャードコシミズ氏を陰謀論者と述べましたが、
陰謀というのは、絶対ないのでしょうか?

私は何らかの陰謀はあると思います。
裏の無いクリーンな世の中ではないと確信します。
aki上級大将
2016年09月25日 15:37
バレバレ一味の完熟たまごについて
>あかねさんへ
16/08/29 22:17
└完熟たまご
仕事が終わって、一服しながら、確認しましたが、あちらのエロ教祖に違いないですね。
統●失調症で、入院歴があると言う話も本当のようですねw

私は両親が道産子で、白いもち肌が自慢なんですよね~。娘も同じく美肌です。
ヒアルロン酸などしなくても、水パッティングで顔に皺はありませんよ~☆~(ゝ。∂)
私の肌が綺麗なのは、知ってる筈ですけどね。

それで、同じ土俵に上げようとしても無駄ですわ。
さて、家路に着きます(i引用おしまいや)←完熟たまごはコシミズの側近に加えて女で、北海道出身やから精神病、特に被害妄想型統合失調症患者差別が大好きなんや。
あの片山さつきやはすみとしこと同じ何や。
女なんかチョンやナチスと同じや
佐伯まお
2016年09月25日 16:30
akiさんは、バレバレ一味をご存知なんですね。
一味のメンバーについても詳しいのでしょうか?

この記事へのトラックバック