【不正選挙】今年解散総選挙を画策しています(不正選挙で)

画像

(2017年1月1日の朝刊からですが、2年前に解散した総選挙を再度やろうとしています。)

画像

(新年1月1日の朝刊に載せたい大切な事前の前触れです。)

画像

(まだ2年しか経過していませんが、もう選挙の準備を行おうとしている。そう思わせたい。)

衆議院議員の任期は4年です。2014年12月の選挙後、2年経過した折り返し時期ですが、
もう選挙を行いたいようです。
安定多数の与党がリスクがある選挙を任期半ばで行いたい理由は何でしょうか?


画像

(首相の伝家の宝刀である解散総選挙。伝家の宝刀を今この状況下でなぜ使う?)

来年の12月まで任期があります。まだ2年近く任期があるのです。


皆様、今年もよろしくお願い致します。
昨日の朝刊で今年に解散総選挙を行うように書かれていました。

2年前に衆議院選挙を行ってから、まだ2年しか経っていません。
野党なら選挙したいでしょうが、与党で安定多数の議席を保有していて、
なぜ選挙をしたいのでしょうか?

参議院議員は6年、衆議院議員は4年の任期です。
当選した方々は、折角苦労して当選したので、任期満了まで選挙したいと思わないはずです。
8割、9割勝てる見込みがある議員でも、リスクが伴いますので避けたいはずです。

リスクがないと分かっているから、この圧倒的有利な状況下でも、選挙を行うのだと考えます。
不正選挙で、議員それぞれの安全が確保されているから、やろうとするのです。

私見ですが、
アメリカ裏社会はアメリカの選挙で、手下のヒラリーが負けて追い詰められています。
属国の日本で、不正選挙を行い、新たな4年の安全を確保しようとしています。
この4年で力を取り戻し、またアメリカと日本とで復活を遂げようと企んでいます。

画像

(昨年7月31日の東京都知事選挙だけでも「50億円」かかっています。)

http://www.pepsinogen.blog/entry/2016/06/15/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E7%9F%A5%E4%BA%8B%E9%81%B8%E6%8C%99%E3%81%AE%E8%B2%BB%E7%94%A8%E3%81%8C50%E5%84%84%E5%86%86%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%84%E3%81%91%E3%81%A9%E5%86%85%E8%A8%B3%E3%81%AE
都知事選の予算は50億円

http://ladymaga7.com/tochijisen
なぜ選挙はお金がかかるのか?都知事選”50億”の内訳と都民が考えるべき


画像

(全国で行う衆議院選挙では、500億円~600億円かかるようです。当然税金をたくさん使います。-政治家.com より)

http://www.katsuseijika.com/2016/01/3308/
参議院議員選挙。いったいお金はいくらかかる?


以上のように選挙では多額の税金を使います。
まだ行う理由も必要も明確でない衆議院選挙で多額の税金を使おうとしています。(500億~600億円以上)

このような資金援助を行えば、
昨年台湾に買収された日本の老舗「SHARP」を救えたと思います。
一度の500億では足りずとも、複数回の援助や政府で各企業に出資を呼びかけたりして今とは違った結果になりました。
日本の歴史と伝統を守れなかったのに、意味ない選挙で大金を使おうとする日本政府です。

昨年7月10日の参議院選挙は計画された選挙でしたが、
7月31日の東京都知事選挙は、桝添元知事の降板で行うことになった選挙でした。
また、今年も衆議院選挙を行うつもりのようで、最近大きな選挙ばかりしようとする政府です。

選挙では大金を使うことを気にしませんし、
税金を納めている企業やサラリーマンが、苦境に陥っても助ける義務を感じない政府です。

日本国民のための政府ではないことが分かります。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%97
シャープ株式会社(SHARP、英: Sharp Corporation)は、大阪府堺市に拠点を置く大手総合家電メーカー。
台湾・鴻海精密工業による買収に合意したため、外資系企業傘下となった。中華圏では「夏普電器有限公司」(「夏普」/Xiàpǔ/ は音訳)と表記される。



新年1月1日の注目を浴びるお正月の記事で、
解散総選挙の予想記事を出していることは、
今年確実に不正選挙を行う前触れです。
選挙をするための事前準備であり、「布石」です。

勝ち負けすべてが操られている中での、
現国会議員たちに自浄能力はありません。

完全に新しい政府を意識する必要があります。
飼い犬たちは何もできませんし、国民のための政治を行う義務感もありません。

第二次世界大戦で、日本は無条件降伏をしました。
すべてにおいて降伏したのです。
あらゆる所に仕込まれる余地があったわけです。

見えないように日本を属国運営して、税金や資産を吸い取る仕組みをアメリカは作りました。
不正選挙もその一つだと考えます。

以上よろしくお願い致します。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック