島根女子大生バラバラ殺人事件_隠れ続ける国際組織

画像

(矢野容疑者と平岡さんは接点がありませんでした。)

画像

(しかし誰も通らない平岡さんの帰宅ルート途中で見張っていた容疑者だった?)-当時の新聞より抜粋

平岡さんの靴が発見された場所は、アルバイト帰宅ルートであり、
帰宅ルートと大体の時間を知っていた者の犯行だと思われます。
しかし事前に接点がない容疑者では、平岡さんの帰宅ルートは知らないはずです。
また、不特定の若い女性を狙っていたとしても、見張っていた場所は、滅多に人が通らない場所です。
歩行者がほとんど通らない場所を選んで見張ることはしません。会社をわざわざ休んでまでここで見張りません。


画像


人気のない誘拐現場
https://www.youtube.com/watch?v=J7EdLhyt4Q4

画像

(画像データが決定的でしたが、特殊な技術で復元するほどまで怪しい理由はあったのでしょうか?)

なぜそこまで深く調べる対象だと事前に分かったのでしょうか?

http://news.livedoor.com/article/detail/12443843/

画像

(事件後、7年目の2016年から本格的に容疑者を調べるようになったようです。)


お世話になっております。
1月も早半ばを迎えます。
昨日、島根の石見萩空港から羽田まで飛行機を利用して戻りました。
自宅でちょっとした事件がありました。

自宅に戻ってみると、去年開票立会人を務めた選挙管理委員会から封筒が届いていました!
うわー、やばい大変だと思いました。
ついに俺もここまでか、と思いつつ封筒をハサミで切りました。
中から、「源泉徴収票(15000円)」が出てきました。

はぁー、良かった。驚かせやがって。
それにしても、そんなことは細かく処理するけれど、まず選挙をしっかりやってほしいです。
不正はやめてください。


今回は表記事件についてです。
昨年末に一気に報道して収束を図ってきました。
年末で済ませて、年明けで忘れさせようと画策したものと思います。

この事件も国際組織の犯罪です。
手口は類似して、いつも犯人は個別に用意されます。
遺体もバラバラにされていて、同様な事件ですが、常にいつも別々の事件なんですね。

常人が行わないような猟奇的惨殺である手口が類似して、同じくバラバラ殺人。
若い女性が被害者で多いことも類似します。
しかも警察の動きが鈍かったり、おかしな展開だったりすることまで類似します。
この国際組織について皆様と認識を広めたいと思います。

画像

(関係者から入手したようです。)

関係者とは身内かもしれませんが、7年間も容疑者のデジタルカメラやUSBを良く所持していたものです。
とっくに処分していておかしくありません。
しかも、容疑者の遺品を押収してまで、なぜこの容疑者が疑い強いと認識したのでしょうか?
画像が決定的であったわけですが、特殊な技法を用いてまで画像を復元した理由はあったのでしょうか?

画像が出てきたとはいえ、容疑者が7年前に亡くなった方ではないかもしれません。
一人の犯行ではないかもしれませんし、「矢野富栄」ただ一人だと断定した理由は不明です。

画像

(容疑者が住んでいた家宅捜索により画像データが見つかったことになっています。)

決定的な証拠についての情報が違っています。
これは、虚偽の話しであるため、違う情報が報道されてしまったのでしょう。

画像


<島根・殺害>男、自宅で女子学生撮影…押収カメラに画像    (以下はキャッシュ)
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:rwffz4jWE3AJ:news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20161219k0000m040074000c+&cd=10&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

こちらでは、知人のデジタルカメラに証拠画像があったとされております。
知人が犯人かもしれませんし、知人のデジカメに証拠画像を容疑者が残すはずはありません。

それぞれ違う情報が報道されておりました。
取り繕った虚偽情報のため、それぞれ違いが出てしまった結果です。

また、被害者の遺体の画像データなどと聞くと、国際組織の殺人ビデオ作成を連想します。
虚偽の話しを考える上で、国際組織の実情を知っていた者が考えたからではないでしょうか。

この証拠画像についてのリンク先は多数削除されております。
まだ1月前の大事件の報道であるのに、削除されていることは何か理由があります。
情報が違っていることを気づかせないためではないでしょうか。

明らかに、島根女子大生殺人事件の結末はおかしいです。
真実を隠蔽しているため、おかしな事象が多々出てくるのです。

以上よろしくお願い致します。


■参考
リンク先が多数削除されています。キャッシュが残っているものがあります。

<島根・殺害>男、自宅で女子学生撮影…押収カメラに画像
http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20161219k0000m040074000c

女子大学生殺害 事故死の男が関与か 被害者との接点調べ

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161217/k10010810501000.html

カメラ、USBに首圧迫の痕跡の遺体、風呂場、包丁など57枚の画像
http://www.sankei.com/west/news/161220/wst1612200036-n1.html

女子大学生殺害 画像は被害者が死亡後に撮影か
https://www.youtube.com/watch?v=8SA1zZhnpNo


画像

(大体では似ているが、異なる情報が飛び交っていました。)

画像

(同じ組織の事件ですので、連想してしまうのです。)

この記事へのコメント

キチガイの妄想はもういいよ
2017年01月15日 11:31
■ しかし矢野容疑者の当時の勤務先の社長によると、矢野容疑者が事故死した後、デジタルカメラは遺品として親族に返されたという。
■ 画像は消去されていたが、警察が特殊技術により復元した。(消去された日時もわかるのでは?→誰が画像を消去したかのヒントにも)
■ デジタルカメラには38の画像が、USBメモリーには19の画像が、それぞれ入っていた。(合計57画像。重複分を差し引くと40画像)
■ 画像は1時間30分にわたり撮影されていた。(1枚目の撮影から、最後の画像の撮影まで、1時間30分が経過していた。途中から撮影し始めたかもしれず、また途中で撮影をやめたかもしれず、遺体の損壊開始から完全終了まで1時間30分でやり終えたかどうかは、疑問ではないかと)
■ 画像の撮影場所は、背景の壁などから、益田市の容疑者の当時の自宅(賃貸・2階建て一軒家)浴室であると判明。(下は矢野容疑者の当時の自宅@益田市高津)
キチガイの妄想はもういいよ
2017年01月15日 11:32


■ 被害女性の生前の画像は無かった。(すべて死後の画像)
■ 画像には、損壊される前の遺体の画像と、損壊後(損壊中?)の遺体の画像があった。
■ 首を圧迫された痕跡のある画像があり、これにより、7年前の司法解剖の時に判然としなかった死因が特定できた。(首を絞められたことによる窒息死。殺害時の凶器は「手」)
■ 矢野容疑者の(ものと思われる)足の一部が写っている画像があった。
■ 遺体損壊に用いたと思われる刃物が写った画像もあり、それによると刃物は「一般的な文化包丁」だったとのこと。(事件当初は斧か鉈のようなもの云々という話もあったが・・・)
■ 遺体損壊場所は容疑者の当時の益田市の自宅浴室。
■ これらの画像が容疑者特定の決め手となった。会見で警察は「ほかにも犯人性を示す証拠はある」としつつ、捜査上の観点から踏み込んだ言及はなかった。
■ 「その後の警察への取材で、デジタルカメラに残された画像の解析から、矢野容疑者が面識のない平岡さんを車で連れ去った直後に殺害し、自宅で包丁を使って遺体を切断していたことが分かりました。平岡さんを連れ去った後、殺害と遺体の切断までわずか数時間だったとみられています」(ANN、12月21日)
2017年01月15日 11:47
>平岡さんを連れ去った後、殺害と遺体の切断までわずか数時間
>だったとみられています」(ANN、12月21日)

手間をかけて誘拐して直後殺害してしまった?
また手間をかけてバラバラに処理した容疑者は、
遺体を遠い山中に分散遺棄した容疑者?
なくなった内臓は見つからないまま。
動機や手の込んだ遺体処理の理由も不明です。
その謎を抱えたまま、遺体発見2日後に事故死した容疑者。
そんなわけないだろ!
いい加減なウソの報道に国民は気づいていますよ。
ポンにだ
2017年01月16日 14:30
マグロの解体ショーの様な捌きの達人だったんですかね?w
どこでそんな技を身に付けたんでしょう。常人なら、吐き気を催し、手が震え、恐怖のフラッシュバックに襲われ、大胆な隠蔽などに頭がまわらないでしょうし、手品師並みの時系列ですね。
説明に無理があり、まおさんの見立ての方が自然です。
確かにCIAの様な巨悪が存在し、キチガイ儀式を貪っている事を認識するのは恐ろしい事ですが、存在を否定出来る訳ではありません。
証拠は徹底して消されるでしょうから、証拠を出せというのは不毛な論理。傍証を繰り返し確からしさを検証するしかないのは当然であって、キチガイの妄想と即断し中傷するのは、腹に一物有る方々位でしょうね。
佐伯まお
2017年01月16日 14:58
ご配慮ありがとうございます。
この組織は冤罪の被害者まで作る最悪な組織です。今回は死人に口無し戦法でしたのでまだ良いですが。
冤罪被害者だけでなく、家族や親族、子孫にまで大きな禍をもたらします。
宮崎勤氏は死刑にされましたが、家族や親族のためにも冤罪だと認めさせたいです。

こんど冤罪を作るなら、この中川隆を犯人にしてほしいです。

この記事へのトラックバック