【暗殺】ペッパーランチ監禁強姦事件_消されたZARD

画像

(当時謎の死だと言われておりました。)

画像

(ここから自殺しようとするでしょうか?)

画像

(ここから自殺した設定になっておりました。)

画像

(もしくは足を滑らせた可能性もあったそうですが、足を滑らせて手すりより落ちるでしょうか?)

5月9日 ペッパーランチ監禁事件発覚
5月16日 報道メディアから世間に周知開始
5月17日~5月18日 愛知長久手町立てこもり発砲事件 (拉致事件に関心を集めないための自作自演)
5月19日 JR東海道線富田村踏切事故報道 (共犯残り2名を処刑し、関心をそらすための自作自演)
5月27日 ZARD坂井泉水が、入院先の病院内のスロープから3メートル下に転落し、駐車場で仰向けに倒れているところを通行人に発見される。
5月31日 捜査終結





お世話になっております。
年度最終日ですが、今回もペッパーランチ事件に関係する内容になります。

5月16日に世間に報道されて、複数の事件を起こし隠蔽工作を行ったようですが、
5月末で捜査を打ち切る予定ですので、
その時期にまた注意を引き付ける必要がありました。
「なぜ余罪の追及もせず、監禁拉致事件を早急に切り上げるのか?」
と疑問を持たれたくなかった裏社会でした。
その時期に疑惑の事件があれば、捏造した事件である可能性が高いです。

ZARDの坂井泉水が2007年5月27日に亡くなったと報道されました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E4%BA%95%E6%B3%89%E6%B0%B4

坂井 泉水(さかい いずみ、1967年2月6日 - 2007年5月27日)は、日本の女性歌手、作詞家。ZARDのボーカリスト。本名は蒲池 幸子(かまち さちこ)。 ビーイングの関連会社「泉水(SENSUI)」に所属した。血液型はA型。またZARDとしてビーインググループのレコード会社「B-Gram RECORDS」に所属。歌手としての活動や作品などはZARDの記事を参照。
人物[編集]
両親・弟妹の5人家族。20代前半まではその恵まれたスタイルを生かしモデルやレースクイーンとして活動していたが、歌手になるという強い希望を持ち続け、1991年2月、音楽グループ「ZARD」のボーカルとして歌手デビューを果たす。90年代を代表する女性歌手として、多くのヒット曲を生み出した。6thシングル「負けないで」で大ブレイクして以降、メディア露出を封印。生涯を通し、数回のテレビ、ラジオへの出演以外はほとんどマスメディアに登場せず、ライブも殆ど行わなかった。



上記のように、秘密性を保持しつつ活動していたZARDでした。
言葉が悪いですが、芸能界に飼われていた度合いの高いZARDだったと言えます。
秘密性が高いため、秘密のまま消すことが容易でした。
少なくとも、他のメジャーな芸能人よりも対象にし易かったと言えます。

大きな話題になるためにも、メジャーでありつつ、手の内にある芸能人が望ましい。
かつ筋書きを作れる状況にある人物。


外との接点が多い者であれば、「直近までそんな素振りではなかった」や、「今度会う約束をしていた」など、他にも証拠的なものが、たくさん出てくる恐れがあります。


画像

(自殺か事故死かどちらかだったようですが。)

自殺する気持ちであれば、3mの高さからやらないでしょう。
死ねない可能性が高いと思うでしょうし、やるなら確実な場所を選びます。
失敗したときの、ぶざまさを晒したくないと考えるはずです。

また、事故死の線ですが、足を滑らせて手すりを乗り越えることはないと言えます。
事故死でもなさそうに思います。

私は時期的にも、消されたと考えます。
拉致組織を隠すために、無実の芸能人を暗殺したのです。
少なくとも可能性はありますので、追及すべきです。

画像

(復帰に前向きに取り組んでいたそうです。)

自殺の線は無さそうに見えます。そもそも、なぜ非常階段に居たのでしょうか?
あまり使用もせず、人気もないため、工作し易かったのではないかと思います。

画像

(ここで自殺しようと思わないでしょう。)

過去、聞いたことがありません。
失敗して、恥をさらすことを考えるはずです。
そんな恥をさらすなら、確実に死んだほうがましだと思うプライドがある方だと思います。


この事故単体でも、疑惑が言われております。
ペッパーランチ事件との関連性を考えると、工作して暗殺されたと考えます。
それもこの方とは全く関係ない理由で消された疑惑です。

2007年5月に連続して世間を騒がせた事件があったことが状況証拠になります。

以上よろしくお願い致します。


画像

(この事故(事件?)も10年経とうとしています。)

画像

(人気が無さそうな場所で、コソコソ工作できそうです。)

この記事へのコメント

777
2017年03月31日 16:19
佐伯まおが電波を送って飛び降りさせたと聞いた

映画のオーメンと同じ手口だな
2017年03月31日 16:26
その能力があれば、まずおまえに使っているさ。
酔楽人
2017年03月31日 17:03
中川さん、相変わらず早いですね。


>★7772017/03/31 16:19

>映画のオーメンと同じ手口だな


アハハハハハハハ、いやいや中川さん、なかなか面白いじゃないですか。

真相解明
2017年04月01日 22:11
りりぃが濡れてコシミズ氏が濡れ衣
ポンにだ
2017年04月01日 22:40
手すり、高欄の規格は
笠木が「人間の重心より上」に
なる様に設定されています。
踏み台に乗ったり
飛び上がったり
隙間から抜け出す様な、
恣意的な無茶をしない限り
物理的に落ちる事は出来ません。

成人であれば、頭からでも落ちない限り、
死には直結しない。
子供なら圧倒的に頭が重いので
頭から落ちるにせよ
成人であれば、誤って落ちても
頭から落ちる確率は低い。
意識があれば尚更。

意識が無い状態で、
足を持って吊るしの状態で落とせば
高確率で死ねる。
いや、自分じゃ無理だわ。
殺したい人は最低でもそうするだろうけど。
2017年04月02日 00:08
ポンにださん、ありがとうございます。
いつも賢明なコメント有難いです。

自身で立派なブログ等持たれていておかしくない方だと思いますが、
それぞれの自由があるとも思います。

またお願いいたします。
777
2017年04月02日 09:58
凶悪犯=佐伯まおからの電波を受ける人

理由なしに自殺する人=佐伯まおからの電波を受ける人


淡路の被告に電磁波を使って指示を出したのも佐伯まおだと聞いた:

洲本5人刺殺 裁判員会見「達成感は全くない」
 2015年3月の洲本5人刺殺事件で、殺人罪などに問われた平野達彦被告(42)に対する裁判員裁判の判決公判が22日、神戸地裁であり、求刑通り死刑が言い渡された。閉廷後、30代と50代の2人の男性裁判員が会見に応じた。主なやりとりは次の通り。
 -死刑判決についての思いは。
 30代男性 責任能力の有無で悩んだが、裁判員と裁判官と議論する中で、自分の考えがまとまった。判決に対しては、問題ないと思っています。

 50代男性 命の尊さ、重さに対して、自分の1票の重さは感じました。

 -電磁波攻撃やブレーンジャックなど、被告の発言、世界観は理解できたか。

 30代男性 理解はできなかったが、被告のSNSとかを見ると、同調してコメントを打っている人も何人かいたので、実際、信じてる人が結構いるんだなというのが今回分かったことです。判決文にもあったように、多少なりとも、精神的に何かしら影響があったということですが、犯行に至った経緯では、正常な判断に基づくと思っています。
-被告の世界観はどれくらいで理解できるようになったか。

 30代男性 公判初日は理解できなかったが、何人かの人たちが電磁波攻撃があるというのを共有しているということと、(被告が紹介していた)書籍の二つで、(被告が電磁波攻撃などを)信じてもおかしくはないかなと思いました。
2017/3/22

777
2017年04月02日 11:41
佐伯まおは闇の組織の工作員だというのがばれちゃったね:

洲本5人刺殺で死刑判決 裁判員「何が何だか…」
 「完全責任能力の状態にあった」。2015年3月に兵庫県洲本市で男女5人が刺殺された事件で、22日に死刑が言い渡された神戸地裁判決。最大の争点となった平野達彦被告(42)の責任能力を巡り、判決は心神喪失状態にあったなどとする弁護側の主張を退けた。公判を通じて被告の口から繰り返された独自の世界観をどう捉えたらいいのか。裁判員は理解に苦しみながらも、重い決断を下した。
 「何が何だか全く分からない状態でした」
 判決後の裁判員の会見で、男性会社役員(53)=西宮市=は初公判をそう振り返った。

「佐伯まおという工作員が脳をブレーンジャックして、殺害意思を持つように強制した」

「精神工学戦争を隠蔽(いんぺい)するために仕組まれた」

「佐伯まお という工作員に仕組まれた犯罪」…。

公判を通じ、被告が展開する主張に、「自分の主観ではあり得ない話。でも、被告の中では存在するんだろうと考え続けた」と苦渋の表情を浮かべた。
 30代の男性会社員=同=は公判で示された証拠に触れ、「被告と同じような考えを共有している人がいることや、関連した書籍があるのを見て、信じてもおかしくないのかもとは思った」。議論を経て、殺害は正常な判断に基づくと判断したが、一貫した持論に「責任能力の有無には悩んだ」と明かした。
 判決を受け、被害者の平野毅(たけし)さん=当時(82)=夫妻の遺族は「理解に苦しむ主張は聞いているだけで苦痛だった。反省も感じられなかった」とのコメントを出した。平野浩之さん=同(62)=ら3人の遺族は「判決が出ても元通りにはならない。せめて判断が被告に響いてほしい」とした。
2017/3/22
777
2017年04月02日 14:19

あの忍ちゃんがまた阿修羅で活動再開するから応援してね:

警察機構を破壊する事件が起きている最中です
http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/457.html
投稿者 忍 日時 2017 年 4 月 02 日 11:33:43: wSkXaMWcMRZGI lEU
2017年04月02日 15:31
中川隆さんが2年前、「忍ちゃんは心の旅に出たんだよ」と亡くなったように言っていましたが。
どういうことでしょうか?
2017年04月02日 15:35
中川さん、
佐伯まお も阿修羅に復活させるように、管理人に言ってよ。
いつの間にか、投稿できなくされてしまいましたが。
777
2017年04月02日 15:39
おまいが闇の組織の工作員だというのは有名だからな

もう死ぬしかないな
777
2017年04月02日 15:40
心の旅に出るというのはキチガイ病院に入院する事だ
佐伯まお
2017年04月02日 17:07
それで退院したんだ。
忍ちゃんは?
777
2017年04月02日 17:22
今度はおまいが心の旅に出る番だ

もう永遠に帰って来れないけどな
佐伯まお
2017年04月02日 17:38
おまえが言ってこい。
佐伯まお
2017年04月02日 19:16
訂正します。
行ってこい、でした。

この記事へのトラックバック