在日支配システム_石原元都知事の証言

画像

(石原都知事の重要な証言がありました。)

画像

(2010年4月18日の朝日新聞に掲載)

この時は、
民主党・社会民主党・国民新党による連立政権でした。
これらの政党のうち、党首と大幹部ほど帰化議員が多いと証言されました。
多いというからには、2、3人ではありません。



戦後の日本の経営を「反日マイノリティー」である「朝鮮・部落」に任せるというウォール街のユダヤ権力の手口は、既に、多くの人に認知されています-RK



お世話になっております。
6月になり、暦の上でも夏になりました。
今回は表記についてです。

アメリカが日本を間接支配している仮説の検証シリーズですが、
石原元都知事が民主党の連立政権時代に、与党の党首や幹部に帰化議員が多いと証言されました。
党首や幹部が帰化議員であれば、枝葉の末端議員より遥かに影響力を持っており、
政党全体を帰化議員が支配していることになります。

連立与党の議員たちは元自民党議員が多数いましたので、
与野党に関わらず、帰化議員が多いことになります。

民主党が在日議員の集まりだなどと、書かれている場合がありますが、
国会議員全体に帰化議員が多い事実を隠蔽するためのものだと思います。

国会議員全体に帰化議員が多く、党首や幹部ほど割合が高いということです。
これは何らかの影響力が働いていることが分かります。

公平な条件下で選挙を行い、日本国民の支持をより受けて、各政党の幹部になっていくはずです。
しかし、外国人だった帰化議員が幹部ほど割合多くいる事実は、
検証している仮説の裏づけになります。
どの国もそうですが、自国の人間に国を任せたいと思うはずです。

そうでない現状には、何か大きな理由があります。


画像

(左下_また6日後の2010年4月23日に発言されていました。↓)

画像

(発言の撤回を要求されても、総論として間違っていないと主張されました。自信のある内容だったのです。)

ここで福島瑞穂氏が発言の撤回を述べていますが、
福島氏は、4月17日に述べた石原氏の発言に鋭く反応していました。

画像

(誰も名指しでそうだと言っていないのですが、自分が言われたかのように反応していました。)

これは心当たりがあるから鋭く反応してきたのだと考えます。
また、帰化人であることを隠そうとしていることも、仮説の裏づけになります。
日本人として振舞うために、帰化人だと知られたくないのです。

石原氏は福島瑞穂氏のことを何とも言っていませんでした。
おかしな反応です。
余程、触れたくない事実だったからではないでしょうか?

画像

(在日本大韓民国民団と昔から繋がりがあるようです。)


石原氏の発言は以前にも掲載した国民新聞と千葉大学名誉教授の記事が正しい裏づけになります。

画像

(小沢一郎は韓国出身だと断言されています。その他、政党の党首や大幹部が多数記載されています。)

画像

(国民新聞にも帰化議員が記載されていました。小沢一郎、菅直人、土井たか子、鳩山由紀夫、多数)

小沢一郎は元自民党の幹事長を務めた大物です。
与野党問わず、在日の帰化議員が日本の政治を牛耳っているのです。
それは仮説が正しい裏づけです。

戦後も日本は占領されたままだったのです。
そうではないように見せかけてきました。
騙されてきたのです。


それをさらに以降も検証して、仮説が正しいかどうか皆様と見極めていきたと思います。

以上よろしくお願い致します。


画像

(アメリカ裏社会は、日本のみでなく、韓国と北朝鮮も背後から支配していると考えます。)

朝鮮が南北2つに分けられているのも、裏社会が原因です。
北朝鮮に悪役を演じさせて、アメリカの武力を行使する舞台を作るのです。
そのためには悪役が必要で、悪役を倒しては武力を発揮できません。
北朝鮮にミサイルを撃たせて、日本国民がアメリカの軍事力に依存するように誘導するのです。

そのため、
いつまでたっても、北朝鮮はミサイルを撃ち続けても止めず、
周辺国の脅威となり続けているのです。

韓国と北朝鮮が統一するためには、裏社会を排除する必要があります。
裏社会の手先を演じて、間接支配に協力することを止めて頂き、
哀れな北朝鮮を救ってください。
同族が飢えていつまでも苦しんでいて、自分たちの保身を続けていれば、
すべて露見したあと、追われる立場となる可能性があります。

それをお考えくださいませ。


















この記事へのコメント

メビウス
2017年06月02日 10:32
石原慎太郎について私が興味を持つのは、政治家としてよりも作家としての方です。それも、ある種の精神分析における「中心気質者」としての特異な資質の部分です。

「中心気質者」というのは、クレッチマーの体型分類の系統に属するもので、分裂気質(分裂病)、循環気質(躁鬱病)、筋肉気質(てんかん)に付加する形の気質で、「天真爛漫に伸び伸びと発達した7~8歳頃の児童」のような気質のことです。

一般的には、何の屈託もなく明るく理想的な気質なのですが、それゆえに大人になってもその中心性がブレる(偏芯して人間的な個性・葛藤が出る)ことなく、動物のような純真性・直情性を備えたままでいることが特徴になります。

こうした「ガキ大将」のような気質が、鬱屈した作家の多い文学の世界では特異なことであり、それが貴重な文学的才能ともなっています。

しかし、複雑な駆け引きをともなう政治の世界では、その思考と行動の単純性により、問題解決を引き起こす起因ともなります。

「あいつら日本人じゃないんだよ」という石原慎太郎ですが…

それなら、そう言及する石原慎太郎自身の出自はどうかという疑問が、当然出てきます。

石原慎太郎と「在日支配システム」という問題に関しては、私は、石原慎太郎よりも、石原慎太郎(石原裕次郎)の実父である「石原潔」の方に、個人的には、より大きな興味があります。
メビウス
2017年06月02日 12:29
前コメントの訂正です。

>問題解決を引き起こす起因
 ↓
 問題を引き起こす起因


石原慎太郎(石原裕次郎)の実父である石原潔ですが、その出自は愛媛県の長浜といわれ、特に意味はありませんが、田布施地域とは瀬戸内海・伊予灘を挟んで、ほぼ向かい側の位置になります。

ブルジョアの湘南ボーイとしての垢ぬけたイメージの強い石原慎太郎・裕次郎兄弟ですが、その実父・潔は、徹底したたたき上げの人物ということになっています。

石原潔は、旧制中学を中退すると、地元の有力海運業社である「山下汽船」(現:商船三井)に丁稚(店童)として入店し、便所掃除から痰壺洗い、社員の靴磨きから這い上がった人物です。

つまり、石原慎太郎・裕次郎の実父の最初の仕事は、便所掃除と痰壺洗いから始まったということです。

慎太郎・裕次郎幼少時代ゆかりの小樽では、二度目の赴任時には山下汽船の小樽支店長にまでなるのですが、その途上にいおては、慎太郎や裕次郎をはるかにしのぐ破天荒さと遊興の豪放さで知られ、数々の語り草をのこしています。

じつは、一度目の赴任で当事誰も行きたがらなかった究極の左遷地である小樽に飛ばされたのも、芸者を挙げてのどんちゃん騒ぎで会社の遊興費を使い込んだことが原因とされ、地獄の様な樺太からの木材運搬船(小林多喜二の「蟹工船」にもその過酷さが描かれているという)の気の荒い人夫たちを差配していたといわれています。

石原慎太郎の出自・ルーツについては、(半島由来かどうかを含めて)これくらいの範囲でしか分かりませんが、それにしてもスマートな湘南ヨットマンのイメージとは程遠い、父親の迫力あふれる人生経歴です。
777
2017年06月02日 13:49
朝鮮人認定は殆どがデマだよ

本多勝一も在日だと言われたけどデマだったしね

2chで以下のような真偽の定かでないマルチコピペを見たことある人は多いと思う。

池田大作(→父:ソンジャンチョク、帰化人) (在日への選挙権推進、韓国での反日活動の実績)
土井たか子(→李高順(帰化前の本名)北朝鮮に親族多数
五島昌子(土井の秘書)本名、渡辺昌子は通名、つまり、在日朝鮮人(元社青同活動家の話より)
辻元清美(帰化人、赤軍派)
筑紫哲也(→朴 三寿:元朝日記者、共産キャスター)
本多勝一(→崔 泰英:「南京大虐殺」虚報の中共工作員記者)
佐高信 (→韓 吉竜:極左評論家)
福島瑞穂(→趙 春花、帰化前の本名:中核派)
永六輔(帰化人。反日活動、言動多し)

例えばこの中の
■土井たか子=李高順 説は?
月刊WiLL2006年5月号で元産経新聞記者・花岡信昭が、土井たか子=李高順という2chで流されたデマを事実のように書き、土井は花岡の記事を「事実無根の捏造 (ねつぞう)記事で、土井氏に対する取材に基づかない一方的な推測で作成したもので,名誉を毀損された」として、2007年4月18日、全国紙への謝罪広告の掲載と損害金1万円を求める訴えを神戸地裁に起こしている。
つーことでこの件はデマ確定 調査終了

28 :文責・名無しさん:2005/11/15(火) 22:46:50 ID:d3V7cvUI
朴三寿ってのはオレが数年前にメガBBSに書いたネタだった思う。 確か「有名人の本名を晒そう」みたいなタイトルのスレだった。 他にも本多勝一や佐高信なんかの韓国名もでっちあげてやったんだ。
まさかこんなところでお目にかかるとはなw

酔楽人
2017年06月02日 15:21
>7772017/06/02 13:49


中川さん、お久しぶりです、お元気そうで何よりですね。


ネットで拾ったものなので、全部が全部真実なんてこては無いでしょうね、佐伯さんもその辺は分かっていると思いますよ、中川さんが偶に反応してくれると嬉しく思いますよ。



なか
2017年06月02日 22:21
石原家のルーツは高知県宿毛の朝鮮部落ではなかったかな?間違いならごめんなさい

この記事へのトラックバック