在日支配システム_プロ野球選手

画像

(ドラフト会議でも裏事情がありそうです。)

プロ野球選手を調べてみました。
たくさんの帰化情報が載っていました。

画像

(王貞治氏は台湾の方だと有名です。)

王選手や張本選手が在日の方だと認識されていますが、稀に含まれているのみだという認識でした。
王選手が台湾の方だと知り当時は残念でしたが、
実際はもっと残念な状況のようです。
オープンである人とそうでない人がいる理由は、
少人数のみであると見せかけるためだと考えます。
この程度の人数であれば、日本で活躍していてもおかしくないと思わせたいのです。




お世話になっております。
今回はプロ野球選手について調べてみました。
たくさんの選手が帰化されていましたが、
趣旨から外れてしまいそうでしたので、
10名に絞ってご報告致します。

私が在日・帰化人であるかを調査する理由は一つです。
仮説が正しいか検証するためです。
政治家のみでなく、どの分野もそうであるかを検証したいと思います。


◎「在日」検証するための仮説
戦後、アメリカ裏社会は日本を永続に間接支配するために、
容貌が日本人に良く似ていて、
心や魂が外国人である在日の方を登用する。
高い地位に就ける代わりに、日本人に成りすまし反日活動に従事させる。



画像


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E7%94%B0%E6%AD%A3%E4%B8%80
金田 正一(かねだ まさいち、1933年8月1日 - )は、愛知県中島郡平和村(現・稲沢市)出身の元プロ野球選手(投手)・監督、解説者・評論家、実業家・タレント。愛称は「カネやん」「カネさん」。
日本プロ野球史上唯一の通算400勝を達成、298敗の最多敗戦記録を持つ。引退後はロッテオリオンズ監督や日本プロ野球名球会初代会長を務めた。


※ミスタープロ野球の在日の方は、張本や王だけではなかったのですが、なぜ隠されていたのでしょうか?


画像


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%94%E5%B7%9D%E5%85%89%E7%94%B7
達川 光男(たつかわ みつお、1955年7月13日 - )は、日本の元プロ野球選手(捕手)・監督、野球解説者。

※今をときめくカープの大物です。


画像


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E6%BE%A4%E5%85%8B%E5%AE%9F
広澤 克実(ひろさわ かつみ、本名:広沢 克己(読み同じ)、1962年4月10日 - )は、元プロ野球選手(内野手、外野手)、元プロ野球コーチ、ナショナルチーム・コーチ、野球解説者。茨城県結城市[1]出身。
登録名は1996年から1998年までは広沢克、1999年以降は広澤 克実。愛称は「トラ」など。巨人、阪神の両球団で4番を打った唯一の選手である。


※唯一の選手と言ったら帰化人のようです。


画像


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E4%BA%95%E5%AE%8F%E6%98%8C
新井 宏昌(あらい ひろまさ、本名同じ[1]、1952年4月26日 - )は、日本の元プロ野球選手(外野手)、プロ野球コーチ・監督。日本プロ野球名球会会員。大阪府大阪市東成区出身。
在日コリアンの三世として生まれ、かつての本名は朴 鐘律[2][3][4](パク・ジョンリュル / パクジヨンリユル[3])。



画像


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E4%BA%95%E7%A8%BC%E9%A0%AD%E5%A4%AE
松井 稼頭央(まつい かずお、本名:松井 和夫(読み同じ)、1975年10月23日 - )は、大阪府東大阪市出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投両打。東北楽天ゴールデンイーグルス所属。
2004年にMLBのニューヨーク・メッツに移籍した、日本人初の内野手メジャーリーガー[3][4]。同年から7年間MLBでプレーし、2011年からNPBに復帰した。シーズン長打NPB記録保持者[5]。


※生年月日と本名の名前が一致しまうので間違いないと思います。


画像


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%9F%8E%E9%BE%8D%E5%BD%A6
金城 龍彦(きんじょう たつひこ、1976年7月27日 - )は、大阪市東成区出身の元プロ野球選手(外野手、内野手)、プロ野球コーチ。
2017年からは、巨人の二軍外野守備走塁コーチを務める。愛称は「金ちゃん」。
元在日韓国3世で、近鉄バファローズの投手だった金城晃世の三男として出生。旧名は金 龍彦[1](キム・ヨンオン、김용언)で、横浜選手時代の2000年に結婚したことを機に、日本国籍を取得した[2]。



画像


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E7%9F%B3%E6%98%AD%E4%BA%BA
金石 昭人(かねいし あきひと、1960年12月26日 - )は、岐阜県加茂郡白川町出身の元プロ野球選手(投手)。現在は野球解説者・実業家。


画像


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%A7%E5%B1%B1%E9%80%B2%E6%AC%A1%E9%83%8E
桧山 進次郎(ひやま しんじろう、1969年7月1日 - )は、京都府京都市右京区出身の元プロ野球選手(外野手、内野手[注 1])。一部メディアでは、「檜山進次郎」と表記[1]。
通算代打起用回数・代打安打数・代打打点数すべて歴代2位記録。
1995年から2005年頃までレギュラー、2006年からは主に代打で活躍した。打席に立つたびにスタンドから盛大な声援を受けるほどの人気選手で、代打に定着してからは、メディアやファンから(八木裕に次ぐ)「代打の神様」と呼ばれることが多かった。愛称は「ひーやん」、「ひー」、「悠久の若虎」など。
2013年の現役引退を機に、「ベースボール&スポーツコメンテーター」という肩書でホリプロとマネジメント契約を締結[3]。2014年からは、朝日放送の野球解説者・日刊スポーツの野球評論家も務める[4]。
在日韓国人2世で、韓国名は黄 進煥(ファン・ジナン、朝鮮語: 황진환)[1]。



画像


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E4%BA%95%E8%B2%B4%E6%B5%A9
新井 貴浩(あらい たかひろ、1977年1月30日 - )は、広島県広島市中区江波出身のプロ野球選手(内野手)。現在は広島東洋カープに所属。
第7代日本プロ野球選手会会長。マネジメントはエイベックス・スポーツ[1]。阪神タイガースに所属する新井良太は弟。


※全日本の4番級も在日・帰化人のようです。


画像


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E6%9C%AC%E7%9F%A5%E6%86%B2
金本 知憲(かねもと ともあき、1968年4月3日 - )は、日本の元プロ野球選手(外野手)、野球解説者・野球評論家。広島県広島市南区青崎出身。2016年シーズンより阪神タイガース監督(第33代)。愛称は「アニキ」、「鉄人」。
金本は韓国系日本人3世であり(2001年の結婚と同時に日本人に帰化)、中央日報は、金本の韓国名をキム・ジホン(朝鮮語: 김지헌)としている[1]。
連続イニング・連続試合フルイニング出場数の世界記録保持者。また連続無併殺打の日本記録も保持している。


※またしても、全日本オールスターズの主砲級が在日・帰化の方でした。



以上のように大活躍されている選手の多くは在日・帰化された方々でした。
実力の世界ですので、能力が大変優れていることは間違いありません。
しかし、ドラフト会議のようなふるいにかけられる時、優先される見えない仕組みがあると推察します。

同じような能力を持つ場合に優先されたりする仕組み。

日本で人気のあるプロ野球ですので、
活躍するプロ野球選手は大きな影響力を持ちます。
もし、ファンである選手に握手されて誰に投票してください、と頭を下げられたら絶対投票すると思います。

このように裏社会は、影響力を持つ可能性がある要人は、どの分野でも在日・帰化人を配置しようとするのです。
また例外を作れば、他の業界と違いが出て、仕組みが分かってしまう可能性があるからかもしれません。

今回は以上に致します。
またよろしくお願い致します。


画像

(このようにオープンにしている方がいることは、一部の例外のみしかいないと思わせるためです。)

国会議員でも、蓮舫や白眞勲、ツルネン・マルテイがいる役割も同じではないでしょうか。
本当はあふれかえっていて、誰もがそうであるのです。

この記事へのコメント

酔楽人
2017年06月05日 09:03
>ドラフト会議のような…優先される見えない仕組み…。


>同じような能力を持つ場合に優先されたりする仕組み。


>このように裏社会は、影響力を持つ可能性がある要人は、どの分野でも在日・帰化人を配置しようとするのです。


間接支配の見本の一つですね、【全て】では無いにしても恣意的な動きは当然あります、中川さんは暴力団の方達ともお付き合いがある様ですし、何か知っているなら教えていただきたいですね。

>(このようにオープンにしている方がいることは、一部の例外のみしかいないと思わせるためです。)


分かりやすい演出でしょうか…。


佐伯まお
2017年06月05日 12:25
たびたびありがとうございます。
WBCの日韓戦は夢中になりましたが、
今から思えば、韓国対韓国戦だったのに、
片方を必死に応援していたのが可笑しく思えます。

2009年の大会で 小笠原選手が、
キューバ戦で値千金の大きなヒットを打ったとき感動しましたが、小笠原も帰化選手のようです。
悲しいというか、複雑です。

この記事へのトラックバック