在日支配システム_民進党幹部(辻元清美)

画像

(安倍だけではなく、主要な国会議員はすべて裏社会の手先です。)

安倍に責任を取らせて安泰を図ろうとする裏社会です。騙されてはいけません。


画像

(辻元議員は、「鶴橋」で育ったそうです。)

画像

(議員になった時の事務所で発行する広報紙に載っていました。_「転職して国会議員になった」_辻元著書より)

他の候補者は行かない鶴橋に行って選挙権を持たない在日の方にアピールする目的はなんでしょうか?
同じ在日として支援を要請しているからだと思います。
他にあるでしょうか?



【仮説の検証】
(アメリカ)裏社会は戦後も日本を支配するために、
日本人に良く似ていて、心の違う朝鮮人を手先として使います。
日本人では祖国を裏切れないため手先にはなれません。
また、白人や黒人も目立ち過ぎるので隠密活動はできないのです。
そのため、在日帰化人を日本の要人として政治、芸能界、各界に配置しようとします。



※画像はクリックして、再クリックで拡大されます。



お世話になっております。
安倍総理が秋葉原駅で選挙の応援演説の際、帰れコールが大きく起きたそうです。
国民は皆、現在の政治にウンザリしています。
しかし、安倍だけが悪いのでなく、主要な政治家はすべて裏社会の手先であると考えております。
裏社会と繋がる政治家がいない国家になってほしいです。

今回は表記、「辻元議員」について調査しました。
辻元氏が書いた本を購入してみましたが、
いろいろな得がたい情報が載っておりました。

コリアタウンの鶴橋で育ったと書かれていましたが、
在日の方である強い状況証拠です。
さらに選挙権の無い在日の方々に向かって演説をする目的は、
同じ同胞に対して応援するように要請していると考えられます。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BE%BB%E5%85%83%E6%B8%85%E7%BE%8E
辻元 清美(つじもと きよみ、1960年4月28日 - )は、日本の政治家。民進党所属の衆議院議員(6期)。児童擁護議員連盟会長。立憲フォーラム幹事長。NPO議員連盟幹事長。
民進党役員室長、民進党ネクスト内閣府特命大臣(新しい公共・社会的包摂・消費者及び食品安全・男女共同参画・子どもの貧困・自殺対策・NPO)、民主党新しい公共・社会的包摂総合調査会長、民主党幹事長代理、社会民主党政策審議会会長(第5代)・国会対策委員長(第8代)、国土交通副大臣(鳩山由紀夫内閣)、内閣総理大臣補佐官(災害ボランティア活動担当)などを歴任。



上記のように副大臣や総理補佐官などを務めた経歴です。
大幹部とは言えなくとも、幹部の方だと言えます。
この方が仮説に合うように在日の方であるか、さらに検証致します。


画像

(選挙カーの運転手は「李」さんだそうです。きっと日本人ではありません。_「転職して国会議員になった」_辻元著書より)

選挙活動を共に協力する身近な運転手が在日の方です。
気心の知れた仲間は、同じ同胞だからだと思います。



画像

(自著_「転職して国会議員になった」_辻元著書より)

自著に石坂啓という方が書いた、辻元議員が主人公の漫画がありました。
石坂啓さんは、母親が華僑の在日の方でした。
同じ仲間だから繋がりあるのだと考えます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%9D%82%E5%95%93
石坂 啓(いしざか けい、1956年3月28日 - )は、日本の漫画家、作家。愛知県名古屋市出身。女性。雑誌『週刊金曜日』の編集委員や、ピースボート水先案内人を務めるほか、テレビにコメンテーターとして出演している。既婚で一児の母。本名、立川啓子。旧姓、福田[1]。
来歴[編集]
愛知県名古屋市生まれ。華僑を母に持つ。1976年、父の経営する会社が倒産。名古屋芸術大学卒業。1978年に上京、手塚プロダクションにて手塚治虫に1年ほど師事。ブラック・ジャックの作画などを担当した。
【抜粋】


画像

(関西系在日朝鮮人の方から大きく支持される「社民党」であり、辻元議員です。)

在日の方が支持する理由は、同じ仲間だからです。
社民党も全面的に支持する理由は、社民党の議員が在日の方々だからでしょう。
本当のことを知っているのです。

しかし、日本の国会議員に在日の方が多い本当の理由があります。
在日の方、朝鮮の方々もともに裏社会の間接支配の仕組みを理解して、裏社会を倒しましょう。


画像

(土井たか子氏から、要請されて選挙に出たようです。)

しかし在日の方であれば帰化する必要があります。


画像

(当選して開いた事務所では、広報紙を出していて、得がたい情報がたくさんありました。)

当時の事務所 大阪市淀中央区谷町7-1-34 西川ビル


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BE%BB%E5%85%83%E6%B8%85%E7%BE%8E
社民党から衆議院議員[編集]
1996年(平成8年)、同年に日本社会党から改称した社会民主党党首の土井たか子の誘いを受け、第41回衆議院議員総選挙に比例近畿ブロック単独で出馬し、初当選。
議員活動では特定非営利活動促進法(NPO法)、被災者生活再建支援法、情報公開法、児童買春・ポルノ禁止法などに取り組んだ。COP3「地球温暖化防止」プロジェクトチーム、男女共同参画社会基本法、環境アセスメント法審議に関わる。




画像

(辻元清美氏と同じ生年月日で同姓の大阪市在住の方がおりました。)

画像

(「朴貞子」さんです。)

住所 大阪市淀川区東三国6丁目○○番○○―407号
 朴貞子 昭和35年4月28日生


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BE%BB%E5%85%83%E6%B8%85%E7%BE%8E
辻元 清美(つじもと きよみ、1960年4月28日 - )


先日、福島瑞穂氏の時に、同姓で生年月日が同じの方は、約6万人に一人の割合だと述べました。
さらに同じ大阪市である「朴貞子」さんです。
官報に記載ある帰化日ですが、
「平成 7年 4月 7日 金曜日」です。
翌年に選挙に出馬して当選しています。
国会議員には日本人でなくてはなれませんので、土井たか子に要請されて、
前の年に帰化したとすれば辻褄が合います。
帰化した日付まで事情が一致します。


さらに当時の事務所ですが、
「大阪市淀中央区谷町7-1-34 西川ビル」です。
朴貞子さんの家からこの事務所までが大変近くになります。
自宅の近くの事務所を選んで開設した事情に沿います。

画像


大阪市淀川区東三国6丁目→大阪市淀中央区谷町7-1-34 ですが、
車で23分です。十分通勤圏内になります。
ここまで事情が一致する「朴貞子」さんは、「辻元清美」議員だと確信します。

朴貞子さんは、選挙に出る前の年に帰化して選挙に立候補して当選しました。
事務所は自宅の近くのビルを借りて開設しました。
これでぴったり一致しました。

「辻元清美」氏 = 「朴貞子」氏


官報も強力で、自著も大変有り難い材料でした。
今後も複数の資料を元に検証を続けていきます。

以上よろしくお願い致します。


画像

(多くの証拠が書かれていました。)


画像

(ネットでたくさん出ているこの写真について説明して頂きたいです。)

どういうことなんでしょうか?
北朝鮮のこの男性は、国家元首の重鎮のようです。
ともに裏社会の手先どうしだという証拠だと思いますが。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック