在日支配システム_影の総理(小沢一郎)

画像

(【2014年9月4日】小沢一郎代表 韓国・国民大学 名誉博士学位授与式)
https://www.youtube.com/watch?v=BQ-3p40L_3A


日本では見せたことの無い笑顔です。
これだけでも在日の方だと判断できそうです。
なぜメディアでは報道されないのでしょうか?
韓国と繋がり深いことを隠したいようです。


画像

(自民党時代より、韓国系企業と繋がりあるようです。)


□日本の要人に在日の方々が多い理由

戦後の日本の経営を「反日マイノリティー」である「朝鮮・部落」に任せるというウォール街のユダヤ権力の手口は、既に、多くの人に認知されています _RKより





お世話になっております。
日差しが強くなって参りました。
本格的な夏の季節です。

前回までに、野田氏、菅氏、安倍総理と3人が在日だった結果でした。
直近3代の総理大臣について調査しましたが、
通常の状態でここまでの偶然は有りえません。
単純な人口比で100対1として、
それが3回連続する確率は、100万分の1です。(100×100×100=100万)
偶然に起きるより、権力者がそのように影響力を行使した可能性の方が高いと思われませんでしょうか?
※画像はクリック後、再クリックで拡大されます。


今回は小沢一郎氏についてです。
総理大臣の経験はありませんが、
それ以上の大物だと言える方です。
自民党や民主党の幹事長を務めて、他に複数の政党の党首を務めた実力者です。
鳩山総理の時は幹事長を務めて、事実上の総理と言われていました。
この方が仮説に沿うように、在日の方であるか調査しました。

まず、韓国の大学で名誉博士号を授与されておりました。
余程韓国のために尽くしたことが分かります。
自分の本当の国だからではないでしょうか。
満面の笑みは日本では見たことがありません。

画像



画像

(小沢一郎の秘書を務めた、韓国の女性です。)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E6%B7%91%E8%B3%A2
金 淑賢(キム・スクヒョン、김숙현、1972年 - )は、東北大学准教授。小沢一郎の元国際担当秘書。


小沢氏が秘書に韓国の方を採用していました。
秘書として意思疎通の取り易いことが必要ですが、意に介さなかったのは、
韓国の方と意思疎通が取り易いからでしょう。
自身が韓国系である状況証拠です。


また、トップから2枚目の写真にある通り、古くからパチンコ業者から献金を受けていました。
パチンコ業者と言えば韓国系です。韓国と古くから繋がりある方だと分かります。


画像

(湾岸戦争の時、40億ドルに加えて、90億ドルの追加援助をしました。)

この追加支援は、幹事長だった小沢一郎の采配だったようです。

画像

(「闇将軍 野中広務と小沢一郎」(松田賢弥)より)

野中いわく、小沢一郎がアメリカの要請に応じたと書かれています。
小沢のスタイルは、アメリカの要望に極力応じる姿勢でした。
90億ドル(1兆2000億円)あれば、最近破綻した日本の大企業を救えた金額です。
自国の基幹をなす大企業を救わず、アメリカには巨額の援助を行う国政です。
小沢一郎のみならず、政治家全体が日本の政治を行っていません。
これは、国民に選ばれた政治家ではない証拠です。
(そして選挙が不正である証拠。ここではそれは止めます。)

安保法案もそうです。
アメリカ寄りの法案を国民の大反対を押し切って成立させた国政は、日本の政治家たちではありません。
国民の反感を買って、次の選挙で当選できるとは思わないはずです。(不正の証拠です。)

アメリカの要望(指示)に応え続けて、在日の方ということであれば、仮説にぴったりの理想の方です。
だからこそ、若くして自民党の幹事長を務めて、その他主要な地位を維持してきたのではないでしょうか。



画像

(「闇将軍 野中広務と小沢一郎」(松田賢弥)より)

1945年に東京大空襲から逃れて、岩手県の水沢にやってきたそうです。
3人の子どもとリヤカーを引いてきたのですが、どこから来たのかわからなかったようです。
出自不明だと言えます。
戦後の混沌としていて、法整備等されていない状況下で、戸籍を売り買いする実態が多々あったそうです。
これを見ても、出自不明で疑惑があります。
後に父親の小沢佐重喜と合流したようです。


画像

(「闇将軍 野中広務と小沢一郎」(松田賢弥)より)

父親の小沢佐重喜についてですが、
明治31年に水沢の貧しい農家に生まれています。
東京に出て、人力車を引いたりしながら苦学して弁護士試験に合格したとありますが、
貧乏な家の出で、遠く岩手から東京まで出てきてアルバイトしながら弁護士資格を本当に取れたのか?
貧乏な家ならば、当時はもっと難関だった弁護士の資格など取らせないで、
仕事をさせていたと思います。
(なに夢を見ているのよ!っていうことになるでしょう。)
この部分はかなり現実離れしているように感じます。

小沢家の戸籍を買ったのではないでしょうか?


以上のような調査結果になりました。
小沢一郎氏も在日の方である可能性が極めて高い結果でした。
韓国の上位の大学で名誉博士号を授与されたことは在日の方だからだと考えます。
報道メディアから見る、韓国の対日姿勢を考えると、
日本の主要な政治家である小沢一郎のために祝典を開催したことは、
何か事情があると考えます。それは同胞だからだと思います。

アメリカ寄りの政策を行い、韓国のために尽くす小沢一郎氏は、
アメリカ裏社会の手先の中で、重鎮の役割を果たしてきたと考えます。

以上よろしくお願い致します。



画像


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E6%97%A5%E9%9F%93%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E3%82%92%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%A8%E3%81%99%E3%82%8B%E6%B0%B8%E4%BD%8F%E5%A4%96%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E4%BD%8F%E6%B0%91%E3%81%AE%E6%B3%95%E7%9A%84%E5%9C%B0%E4%BD%8D%E5%90%91%E4%B8%8A%E3%82%92%E6%8E%A8%E9%80%B2%E3%81%99%E3%82%8B%E8%AD%B0%E5%93%A1%E9%80%A3%E7%9B%9F

在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟(ざいにちかんこくじんをはじめとするえいじゅうがいこくじんじゅうみんのほうてきちいこうじょうをすいしんするぎいんれんめい)は、2008年1月に民主党(現・民進党)内に設置された議員連盟である。在日韓国・朝鮮人など「永住外国人に地方選挙権を付与する法案」を通常国会で提出し、実現させることを目的としている[1]。【抜粋】


これも小沢一郎氏の主導で、岡田氏を会長に指名して立ち上げました。
日本の中では難しいこの法案を、日本人を押しのけて何としても成し遂げたい小沢一郎氏だったのです。


"在日支配システム_影の総理(小沢一郎)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント